検索

終了年が開始年より前になっています
カテゴリー
状態

世界のモバイルキャリア戦略調査報告書2011

[スマートフォンからLTEまで激動する世界の通信市場と30社の国際事業展開]

本書の概要

本書はグローバルモバイルキャリアと呼ばれる事業者30社について、ビジネスの現状、経営戦略、国内・海外の事業展開を、財団法人マルチメディア振興センター 電波利用調査部が詳細に分析した調査レポート。

発売中

執筆者
財団法人マルチメディア振興センター(FMMC) 電波利用調査部
発行所
株式会社インプレスR&D
判型
A4判
ページ数
310P
発行日
2010/11/16
価格
CD(PDF)+冊子版:本体価格180,000円+税
CD(PDF)版 :本体価格170,000円+税
カテゴリー
通信キャリア
IT企業
商品コード
16372
発行予定の調査報告書につきましては、こちらからお問い合わせください。
内容や発売日等、決まり次第ご連絡をさしあげます。
2015年度以前に発行した調査報告書のご購入につきましては、こちらからお問い合わせください。
担当者より折り返しご案内をさしあげます。
ご購入に関するお問い合わせはこちらから
keyboard_arrow_up

本書の内容

世界の携帯電話台数はすでに50億を突破し、2010年中に人口普及率7割を超えると言われている。

市場競争が激化する中、各キャリアは、3G、LTEといったモバイルブロードバンドの事業を開拓するとともに、買収、資本提携、新規参入という様々な形で海外に積極的に進出している。
本書はそうしたグローバルモバイルキャリアと呼ばれる事業者30社について、ビジネスの現状、経営戦略、国内・海外の事業展開を、財団法人マルチメディア振興センター 電波利用調査部が詳細に分析した調査レポート。

キャリアごとの分析に加え、アフリカ、中東、BRICs、アジア含、欧米主要国といった日本にとって重要な国・地域のモバイル市場や、電波/周波数制度についても最新動向を紹介。

世界的に進むモバイルブロードバンド向け周波数の割り当て状況や、スマートフォンの世界的な動き、LTEの取り組みまで世界の移動体通信の現状を余すところなく俯瞰できる業界資料の決定版となっている。

世界進出を目指すメーカー、通信事業者はもちろんのこと、コンテンツプロバイダーにも重要なモバイルの基礎データを約250点収録している。