検索

終了年が開始年より前になっています
カテゴリー
状態

世界のLTE最新動向2011

[サービス/料金体系/キャリア動向/周波数利用/標準化]

本書の概要

本書では、サービス当初には見えにくいLTEの真の姿を理解するために、「なぜLTEなのか」「LTEとは何なのか」「どのような取り組みがされているのか」「利用者にどのような恩恵をもたらすのか」「どのようなビジネスチャンスがあるのか」、さらにLTEの次に来る第4世代(4G)のLTE-Advancedに至るまで、さまざまな観点から全世界のLTE動向を詳説している。

発売中

執筆者
飯塚留美
武田まゆみ
深澤香代子
発行所
株式会社インプレスR&D
判型
A4判
ページ数
242P
発行日
2010/12/20
価格
CD(PDF)+冊子版:本体価格95,000円+税CD(PDF)版:本体価格85,000円+税
カテゴリー
通信規格/技術
商品コード
16388
発行予定の調査報告書につきましては、こちらからお問い合わせください。
内容や発売日等、決まり次第ご連絡をさしあげます。
2015年度以前に発行した調査報告書のご購入につきましては、こちらからお問い合わせください。
担当者より折り返しご案内をさしあげます。
ご購入に関するお問い合わせはこちらから
keyboard_arrow_up

本書の内容

2010年12月24日、NTTドコモが、いよいよ日本初の歴史的なLTEサービス「Xi」(クロッシィ)を開始する。この次世代移動通信システム「LTE」(Long Term Evolution)は、事実上のグローバルな標準方式として、世界の各移動通信(携帯電話)事業者が、導入に向けた取り組みを積極的に展開し、開始している。すでに10カ国でLTEサービスが開始されている。

本書では、サービス当初には見えにくいLTEの真の姿を理解するために、「なぜLTEなのか」「LTEとは何なのか」「どのような取り組みがされているのか」「利用者にどのような恩恵をもたらすのか」「どのようなビジネスチャンスがあるのか」、さらにLTEの次に来る第4世代(4G)のLTE-Advancedに至るまで、さまざまな観点から全世界のLTE動向を詳説している。

具体的には、「日本の携帯電話4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・モバイル)のLTE導入までのロードマップやビジネス戦略」「世界のLTEサービスの最新動向」「日本を含む世界の周波数割当の最新動向」「LTEの最新の技術解説と標準化動向」「LTEの通信機器ベンダーの動向」「LTEのアプリケーションやサービスイメージ」など、LTEに関する最近の情報を盛り込んだ本書は、LTEの実体をとらえ、今後の新しいビジネスを創出するためのガイドとして役に立つ一冊となっている。