検索

終了年が開始年より前になっています
カテゴリー
状態

水中ドローンビジネス調査報告書2021

-建設から設備点検、調査、養殖、水難救助まで-

本書の概要

本書は、水中ドローンの定義を明確化し、市場全体の動向と今後の展望を分析した調査報告書です。土木建築や点検、環境調査、水産業や水難救助といった、さまざまな産業分野における水中ドローンの役割や活用事例、可能性や課題を明らかにしています。水中ドローンを活用した業務効率化を進めたい企業や、そうした企業に向けて水中ドローンを活用したソリューションを提供したい企業にとって、参考となる具体的な情報が網羅された1冊です。

本書のポイント

  • 水中業務の安全性向上やコスト削減に貢献する水中ドローンの現状と今後を分析
  • 水中ドローンの役割や効果、プレイヤー、活用シーン、課題を整理
  • 活用が期待される産業ごとに詳細に分析
  • 各省庁の動向を整理国交省や農林水産省など関連する省庁の最新動向を整理。国が進めるプロジェクトの最新動向なども掲載。
  • 国内・海外企業の主要製品や最新事例、今後の可能性を解説

予約受付中

報告書
執筆者
藤川 理絵

インプレス総合研究所

インプレス総合研究所
発行所
株式会社インプレス
判型
A4
ページ数
120P
発行日
2020/12/23
価格
CD(PDF)版、ダウンロード版 85,000円(税別)
CD(PDF)+冊子版 95,000円(税別)
カテゴリー
ドローン
ロボット
商品コード
未発番
発行予定の調査報告書につきましては、こちらからお問い合わせください。
内容や発売日等、決まり次第ご連絡をさしあげます。
2015年度以前に発行した調査報告書のご購入につきましては、こちらからお問い合わせください。
担当者より折り返しご案内をさしあげます。
ご購入に関するお問い合わせはこちらから
keyboard_arrow_up

本書の内容

近年、空飛ぶドローンを制御する技術の応用によって生まれた、小型の遠隔操縦潜水艇、いわゆる水中ドローンが続々と登場しています。もともとはホビー用途向けのものが中心でしたが、より大型で安定した航行が可能な、業務利用可能な機体が増加しています。

水中ドローンの用途としては水深100m 未満の海底の探査、船舶調査、ダムの壁面調査、湖水調査、河川調査、水難事故調査、養殖の観察、海底ケーブルの点検、橋などの建造物の水没部分の点検、船舶の船底(水中部分)などがあります。本書は、水中ドローンの定義を明確化し、市場全体の動向と今後の展望を分析した調査報告書です。

第1章の「水中ドローンビジネスの現状」では、水中ドローンの価値や効果、活用が期待されるシーン、プレイヤーの整理、課題などをまとめています。

第2章の「産業分野別の動向」では、「土木建築」「点検」「環境調査」「救助」「水産業」などの5分野について水中ドローンのメリットや特長、海や河川、湖沼などフィールド別の課題、市場成長性などを分析します。

第3章「各省庁の動向」は、水中ドローンに関係する省庁の動向を解説します。

第4章「企業動向」は、水中ドローンに関連するプレイヤーである機体メーカーやセンサーメーカー、業界団体の動向を解説します。