検索

終了年が開始年より前になっています
カテゴリー
状態

日米中ソーシャルアプリビジネス調査報告書2010

本書の概要

世界のソーシャルアプリビジネスの動向を探るため、ソーシャルアプリビジネスの可能性と今後の展望を指し示している。また、実際にSNSやソーシャルアプリを利用しているユーザーを対象に利用動向調査を実施し、詳細なクロス集計結果を掲載している。

発売中

執筆者
【監修】アマツ株式会社 澤紫臣
【編】株式会社インプレスR&D インターネットメディア総合研究所
【著】アマツ株式会社 澤紫臣
【著】株式会社アドウェイズ 関直幸
【著】株式会社テスタ メディア ソリューションズ 西田光毅
発行所
株式会社インプレスR&D
判型
A4判
ページ数
154P
発行日
2010/06/22
価格
CD(PDF)+冊子版:本体価格68,000円+税
CD(PDF)版:本体価格58,000円+税
カテゴリー
モバイルアプリ
商品コード
16346
発行予定の調査報告書につきましては、こちらからお問い合わせください。
内容や発売日等、決まり次第ご連絡をさしあげます。
2015年度以前に発行した調査報告書のご購入につきましては、こちらからお問い合わせください。
担当者より折り返しご案内をさしあげます。
ご購入に関するお問い合わせはこちらから
keyboard_arrow_up

本書の内容

「ソーシャルアプリ」とは、SNSをプラットフォームに人と人との関係性(ソーシャルグラフ)を活用したアプリケーションの総称である。

2007年、世界的なソーシャルブームの火付け役となったFacebookがオープン化し、外部デベロッパーが自由にアプリを作成・提供できるようになった。その爆発的な成長と人気を受け、その後世界中のSNSやサービスが次々とAPIを公開し、ソーシャルプラットフォームはオープン化時代に突入した。

日本でも、2009年8月のmixiのオープン化を皮切りに、2010年1月にはモバゲータウンが、2010年6月にはGREEがオープン化され、ソーシャルアプリを原動力に、急速にユーザー数やページビュー数を伸ばしている。すでに数百万人のユーザーや数十億円単位の収益を実現するアプリデベロッパーもぞくぞくと登場しており、業界全体が激しい盛り上がりを見せつつある。
本報告書では、世界のソーシャルアプリビジネスの動向を探るため、実際にソーシャルアプリの開発に携わるアマツ株式会社の澤紫臣氏にご監修頂き、ソーシャルアプリビジネスの可能性と今後の展望を指し示している。

また、実際にSNSやソーシャルアプリを利用しているユーザーを対象に利用動向調査を実施し、詳細なクロス集計結果を掲載している。