受託調査実績

検索

カテゴリー

教育現場におけるクラウドサービスの導入・活用に係る調査研究

2016年度 総務省

■概要

総務省では、平成26年度より平成28年度まで「先導的教育システム実証事業」として、時間や場所、端末やOSを選ばず、最先端のデジタル教材等を利用でき、かつ低コストで導入・運用可能な「教育クラウドプラットフォーム」の実証を実施してきた。
それを踏まえ、教育分野におけるクラウドサービスの活用に関して、
 ①成功事例を具体的に明らかにする
 ②当該事例を参照して他の自治体・学校等が円滑に取組を実施する上で推奨されるICT環境等を整理する
ことを目的とした。調査は、先進校や自治体、民間事業者を対象としたヒアリング調査を中心に実施し、教育現場におけるクラウド活用の先進事例と導入手順をまとめた「教育ICTガイドブック Ver.1」として取りまとめた。

■調査手法

・ヒアリング調査(訪問、書面、電話)
・アンケート調査
・文献調査

■ガイドブック制作

・教育ICT"トリプルA”の意義、教育ICT先進事例、教育ICT導入手順を取りまとめ、168ページのガイドブックとして制作した。
・制作したガイドブックはカラー印刷し、全国の教育委員会等へ送付。

教育ICTガイドブック
調査期間
6か月
納品形態(成果物)
ガイドブック、調査報告書
教育ICT
デジタルコンテンツ